至宝館すまはぴ

職場紹介

施設を紹介します。

職場バーチャル体験働く職場をVR360°で見てみよう!

施設紹介写真ですまはぴの設備等をご紹介します!

設備

「個浴室」一般家庭にある浴槽にシャワーキャリーを設置し、ご自身で浴槽の出入りができない方でも家庭と同じ浴槽での入浴が可能です。
また、シャワーキャリーを使用せずに入浴する事もできます。
浴室の床は、タイルではなく衝撃吸収材の入ったシート貼りにしました。浴室に入った際に、足裏がヒンヤリする事はありませんよ。

入浴や排泄は他のケアに比べて、個人のプライバシーに配慮したい部分であり、できるだけご自身でしていただけたらという思いや安全に移動や移乗ができるようにと思い見やすい色、分かりやすい色という事で、浴室とトイレの手すりの色は赤色にしました。

事務所

事務所の椅子にもこだわりました!

入居者様もお部屋だけでなくスタッフに気軽に話をしに事務所に来てくれます。

職員用トイレ・休憩室

休憩時間には、心も身体もリフレッシュしてもらおうと思い、畳やソファを設置し、ゆったりできる空間作りに努めました。

居室・中庭 廊下

① 「あなた」を優しい心で大切にします
② 「あなた」との縁を紡ぎます
③ 「あなた」と幸せな日々を送ります。
この3つを大事にすることで すまいる&はっぴーに繋がると考えております。
※「あなた」とは、入居者、ご家族、職員、地域の方等、施設に関わる方たち皆さまになります。

上記3点のイメージから、3つのユニットに、
“あいりす町”“みかづき町”“らいふく町”
と町名を付けました。
それぞれの町のシンボルマークを作り、それぞれのユニット入り口に表札を設けました。

入居者お一人お一人のご自身の場所が分かるように居室にも表札を付けました。
また、それぞれの町ごとに床やクロス、腰壁の色を変え、特色を設ける事でご自身の居場所が分かるようにしました。
居室には 〇〇町〇丁目とそれぞれに表札を付けました。

ここにも一工夫があります。通常は、カバーがかかった状態で、上にズラすとお名前が出てきます。このような配慮もスタッフみんなで考えました。

施設に入ってすぐ見える階段には、このような絵を階段蹴上げ部分に描きました。 この絵には、至宝館すまはぴの思いがこめられています。

各居室への入り口に、家具を置いてあります。季節の花を飾ったり、小物を飾ったり、入居者様が楽しく過ごせるようにと工夫しました。

ユニットスペース

ユニットスペースはみんなの憩いの場。 スタッフが使いやすく設計されたキッチン、高くて、天窓から入る光が気持ちいい。
自然と笑顔があふれます。  

第二期スケールアップ計画さらに成長を続ける職場

第二期スケールアップ計画 見る